豊胸手術を失敗した具体例について

身体も胸も小さいので、少しは大人に見られたい

豊胸手術 失敗 具体例 : 犬や猫の再生医療~幹細胞治療や遺伝子治療を取り巻く法的な問題と注意点

身体も胸も小さいので、少しは大人に見られたい気になる左右の大きさ安いクリニック、その手術ちょっと待って!

バストのサイズが小さく、横から見るとほとんどおうとつのないようなスタイルでした。
もともと身長も小さく、やせ型だったので、体型だけみると小学生のような状態で、気になる洋服を着てもバランスが悪くなってしまったり、小学生や中学生と間違われてしまうこともありました。
少しは、大人っぽい雰囲気になりたいという思いで、豊胸手術をしてバストサイズをアップすることを思いつきました。
そこから、インターネットを使って、豊胸手術について調べまくりました。
クリニックや、豊胸バッグの種類などによって、手術費用が大きく異なっているので、出来るだけ安く、バストサイズをアップさせたいと思っていました。
いろいろ調べていくうちに、地元の近くに、手術費用が非常に安いクリニックを発見したので、そこで手術することを決めました。
そこでは、豊胸手術に使用する豊胸バッグの選択肢がなく、ただ希望するサイズに合わせて内容量を変えるだけでした。
私としては、Dカップぐらいにしたいという具体例を提示して、形も丸みのある外国人のようなバストに憧れていました。
手術費用が安いクリニックに、早速カウンセリング予約をして、話をしに行きました。
カウンセリングでは、もともとのバストのサイズや状態を見せるので、とても恥ずかしく感じていましたが、先生は淡々としていたので徐々に慣れてきました。

豊胸手術失敗の具体例について紹介します

私は豊胸手術でバックを入れました。
その時の失敗について具体例を教えたいとおもいます。
豊胸手術には主に脂肪注入、シリコンバックを入れる、ヒアルロン注入があります。
私はかなり大きくしたかったため、脂肪やヒヤルロン酸ではたくさんの量が必要になることからバックにしようと考えました。
期間もかからずいっぺんにできるということだったので、シリコンバックによる豊胸手術で3カップのサイズアップを目指しました。
手術をして1週間ぐらいは強い痛みがありましたが、1週間を超えたあたりからは痛みも徐々にひいていきました。
シリコンバックは触り心地もやわらくなると聞いていて、最初の頃はやわらかい触感で本当の胸とかわらないぐらいだったのです。
とてもうれしくて、気分もあがり、いろいろな今までと同じことをしていても気分があがり楽しく過ごすことができました。
外に出ることや胸があることによって着れる洋服もかわって、ファッションも楽しむことができるようになたのです。
そんな、楽しい生活もあっという間にどんぞこに落とされてしまいました。
手術をしてから10ヶ月ぐらいした頃でしょうか。
なんだか胸に違和感があり、固くなって来てる気がしたのです。
見た目が少しぼこぼこした感じになって、徐々にとても胸が固くなっているのがわかりました。
これは皮膜拘縮と言われ、約1割の人がなるといわれている症状みたいなのですが、それになってしまいました。
一度おこってしまった皮膜拘縮はそのまま元に戻らないと言われてとてもショックでした。
このような失敗がおこってしまって、シリコンバックを抜いて脂肪で置き換える手術をしなおすことになりました。

おおきさはシリコンバックの時よりも少し小さくなってしまった感じです。そして、また胸の手術だけではなくて、胸の中の心の痛みもおうことになりました。
たくさん悩み、やらなければよかったかなとか、最初から違う方法を選んでいればとか色んなことを考えて悩みました。
今では気持ちの整理も出来て落ち着きましたが、こんな失敗例もあることを知っていてください。
後はシリコンバックを入れていたときのちょっと感じたことは、シリコンバックを入れていたときは異物感が入ってる感じが強くあって、胸が冷たく感じることが多くありました。
北国に住んでいるため冬は特に冷たく感じて体の冷えを感じることも多くあったのを覚えています。
脂肪に置き換えてからはそのように冷たく感じることはなくなりましたので、早めにとりかえることができてよかったのかもしれませんが、やはり大きさなどの点からいくとシリコンバックがよかったので、このような結果になってしまったことはかなりのショックでした。
最初から脂肪にしておけばよかったかとか、1%にあてはまらなければなどとてもくやしくて、いっぱい悩んだりしました。
豊胸手術には失敗もつきものですし、このようなことが起こることがあることはわかってはいましたが、自分がまさかこのようなことにあてはまるとは思わずに大丈夫だろうという甘い考えていたところがあったと思います。

胸が小さくて悩んでいて、大きくなったことで、いろいろなことに自身が持てて、楽しい日々をおくれていたことも確かなので、そのことによって明るく、楽しい人生を送れるように人もいっぱいいると思いますが、失敗した時のリスク、その時のショックはかなりのものですので、たくさん調べてリスクなどをわかった上で豊胸手術を行うことをおすすめします。
1%の可能性でもその1%に入ってしまうことはあるので、そのことをふまえてそれでも大きな胸にあこがれるひとは豊胸手術に踏み切って下さい。
いっぱい私も迷いました、迷うものですので、よく考えてくいのないようにして下さい。